報徳湯(横須賀市公郷) 2008.10.11

夕方に衣笠駅に降りる。

居酒屋「鳥一」に暖簾が掛っていることを確認した後、「横須賀コロッケ(マルシンフーズ)」で肉コロッケ5五個、その先の手作りパン屋でレモンラクスを調達する。いつものコース。

サウナのある菊の湯か、報徳湯か迷った後、久し振りの報徳湯に赴く。

昭和30年代のチープな建物だけど、「末広錠」あり、「MIYASHITA/おしどり錠」ありと小技が効いている。留め具は、昨日銭湯ナイトで学んだ「御用心」だった。

ペンキ絵は、「江の島 92.10」。良く見れば、新世美術のものなのかなぁ。。。

いずれにしても、「江の島」という貴重な絵柄。江ノ島燈台は建替え前のものだ。二度とこの作者の手での描き替えはないだろう。

上がりは、「鳥一」。満席だったけど、ご常連が席を譲ってくれる。隣の女性も知った顔。アットホームないい雰囲気は相変わらず。


報徳湯
ビール、冷酒(会津ほまれ)、レモンサワー、焼き鳥を10本ほど。2300円くらい。

炭火の調子が悪いようで、女将は難儀している。焼き具合に納得がいかないようだった。
本数的にはもっと頂いたけど、お代は結構ということだった。
なかなか、拘りの方でもある。

《前回訪問:2005.10.01.》
《前回訪問:2008.09.20.》鳥一








ペンキ絵/「江の島 92.10.」


レアな「末広錠」。天神湯(磯子区)、竹の湯(横須賀市)と同湯の3軒しか知らない。








衣笠・鳥一


横須賀コロッケ