稲村ヶ崎温泉(鎌倉市稲村ガ崎) 2009.07.26.

ナカムラです。

今日(7/26)は、「稲村ヶ崎温泉(鎌倉市稲村ヶ崎)」に行ってきました。
稲村ヶ崎駅(江ノ島電鉄)から、0.4キロ、5分くらいです。

鎌倉武将の人形を乗せた山車の競演が見物の辻堂・諏訪神社のお祭りに行くが、やはり開催日固定で、山車の曳行は明日の月曜日だった。

観光客など皆無の地元のお祭り。だから、メインの行事でも平日なんだろう。会社勤めの人は、公休を取っても参加する。若者を中心に熱気を帯びたなかなかいいお祭りだ。

開店時刻の15:00に不動湯の前に行くと、何と10数人くらいが開店を待っている。そういえば、開店時間に来たことは無かった。やはりなかなか凄い銭湯だ。

しかし、今日は不動湯の口開けの熱い湯に入る元気がなく、結局、藤沢経由で江ノ電に乗って「稲村ヶ崎温泉」に行く。

前の国道は夏の間じゅうは渋滞しているけど、稲村ヶ崎温泉はいつも通りひっそりとしていた。夏なので窓という窓は開放されている。

サウナと黒湯源泉の水風呂とを往復する。ここの黒湯は美しい。たまたま西陽が浴槽に差し込んでいたので、手をかざしてみると、見事な琥珀色に息を飲む。和風の稲村ヶ崎温泉には相応しくないかも知れないけど、水中ランプで照らしたら幻想的な美しさに違いない。

上がりは、隣の「稲村ヶ崎食堂」のカウンターで、ハートランドの生ビールに釜上げシラス。

《前回訪問:2008.12.07》



ハートランドの生ビール


稲村ヶ崎食堂





今年の春置かれたというお地蔵さま