差出人: Masayuki Nakamura [masa-nakamura@mpd.biglobe.ne.jp]
送信日時: 2010年12月8日水曜日 22:03
宛先: sento-freak@yahoogroups.jp
件名: 富来浴場(荒川区西日暮里)

ナカムラです。

今日(12/4)は、「富来浴場(荒川区西日暮里)」に行ってきました。 西日暮里駅(山手線)から、0.2キロ、2分くらいです。

今日は、世田谷美術館の企画で、写真家・飯田鉄氏と町歩き。テーマは「神田」で、町田忍さ んや、平島勲氏などで各講師2回づつ計6回におよぶ講座になっている。今日は単発で参加さ せていただいた。

2時間半ほど無休憩で歩き、最後はガード下の「大越」で一杯やって散会となった。

若い時分から飯田氏の街の風景写真に惹かれていた。森山大道氏の感情剥き出しの写真でもな く、荒木経惟氏の情緒過多の風景とも違う。微かにウェットな感覚を持つ静かな静かな街の風 景写真だ。

同氏の写真に惹かれるだけあって、一緒に歩くと見ている物というか、視点が似ていると感じ る部分があった。もっとも手だれの表現者、アウトプットは足下にも及ばないのだけれど。。。

また、氏は写真家というだけでなく、写真のレンズに対する造詣が深く、その道の第一人者だ。 一杯やりながら、街という被写体の話だけではなく、カメラやレンズについての興味深い話を いくつも聞くことができた。

雑踏を歩く時間ばかりだったので、予想よりも消耗した。行き先を協議し、疲れをほぐすため に富来浴場へ転進する。。。

西日暮里駅から近く、道灌山通りからも「とぎ湯」と書かれたコンクリの煙突が見える。

ファッサードが大々的に増改築されているため、前に立っても分かりにくいけど、千鳥破風の 天辺が増築部から顔を出している。

前庭を潰して増築するとともに、天井の高い脱衣所に床を張って、二階建ての構造にしたと想 像される。

浴室を含め以降はオリジナル。2段型の天井の広い空間がある。そこにセンター浴槽と早川さ んのペンキ絵。5年を経過したけど、湯気を通して見るためという濃い色使い、早川調の「富 士川(平成十七年十一月十二日)」は鮮やかさを保っている。

初訪時は気がつかなかったけど、女湯のペンキ絵は「西伊豆」。男湯と同様に「富士山」がある。

不自然な「ダブル富士」を自ら描くことはないと思う。富来浴場の要請なんだろうけど、プロ 魂の発露として、敢えて二つの富士の色調を変えている。連れに指摘されるまで、色調の違い までは気が付かなかった。。。

プロの意地が、早川さんの意地が、富来浴場のペンキ絵の色合いに込められている。

《前回訪問:2009.05.22》

*************************************************
ナカムラ (Masayuki Nakamura)
メイン:masa-nakamura@mpd.biglobe.ne.jp  
URL: http://www7a.biglobe.ne.jp/~masayuki/ (風呂屋の煙突)
*************************************************






ガード下の「次郎長寿司」に強く惹かれた。。。